ピアノレッスン|八王子市Sakiピアノ教室

ピアノの習い事で彩り豊かな人生をおくってみませんか?


ピアノが弾けるようになるのはもちろん、音楽の道に進まなくても、将来必ずいきてくる経験ができる習い事です。

「生きる力」がつく、習い事です。

  • 一生の財産となる経験ができる
  • 成功体験を積める
  • 成功の数だけ失敗や挫折も経験できる
  • 目的のために努力するのが当たり前になる
  • 自分を表現する手段を持てる
  • 他人の人生経験、感情に触れることができる

このような経験が幼少期のころからできる習い事です。

ピアノレッスンは2名の講師で対応しています。

Sakiピアノ教室のピアノレッスンではみつい台教室にて、2名の講師で対応しています。

臨床心理士の顔を持つせいか先生、主宰のさき先生で子どもたちの成長を見守っています。

レッスン料、空き状況は各講師のページでご覧いただけます。

現在、せいか先生のレッスンは金曜日に数名の空きがあります。

こんな想いでSakiピアノ教室に通っていただいています。

  • ピアノを通してたくさんの経験をしてほしい
  • 物事を継続する力を身につけてほしい
  • 目標達成に向けての葛藤を経験してほしい
  • 努力して達成できる喜びを感じてほしい
  • 正体音楽が心のよりどころになってほしい
  • 音楽を表現する楽しさを知ってほしい

門下生保護者アンケートより

保護者の方に寄りそうお教室です

Sakiピアノ教室主宰である私が自身が2019年に出産をしてから、考えが大きく変わりました。

まず、小さなお子様をレッスンに連れてきていただけるだけでも、本当に頭の下がる思いです。
子どもの成長を一緒に見守っていきたいと思っています。

レッスンではなるべく保護者の方に気楽にいていただきたいのです。

ピアノの習い事は親のガス欠が起こりやすい習い事だと思っています。
親のガス欠で子どもの可能性をつぶさないために、気長に見守ってください。

主宰のさき先生は自身が経験した親子バトルの経験、子どもたちと関わって生きた経験、子育ての経験から。
ピアノ講師であるせいか先生は、現在、臨床心理士としての活動もされ、日々保護者の方の悩みに寄り添っています。

不安なことや、子どものピアノとのかかわり方が分からない時は、一緒に寄り添い、アドバイスをさせていただきます。

ピアノの習い事は少なからず親にとっては負担があります。
それを分かっているからこそできるアドバイスがあると思っています。

講師と生徒という立場ではありますが、子どもの成長を一緒に見守り、信頼し、信用しあえる関係が作れたら幸いです。

Sakiピアノ教室の活動

年2回の演奏機会

発表会と勉強会、年に2回の演奏機会を設けています。
(2020年よりコロナウイルスの影響で勉強会は見送っています)
その他、コンクールへは個別に対応しています。

  • 自分以外にもたくさん頑張っている人がいることを知ること
  • 自分の演奏が他人の心に届くこと

普段のレッスンではできない経験ができます。
人前で弾くことはピアノの習い事にとって大切なことです。

時代に合わせて柔軟に

2020年より動画ミニ演奏会というものをおこなっています。

遠方に住む親戚にも、いつもお世話になっている学校の先生、お友達にも、普段のがんばりを知ってもらおう!
という講師の想いと、門下生のお母さま方の声から生まれた企画です。

その他にも

  • 門下生限定のコンテンツ作成(手作り教材や楽譜)
  • 門下生限定の動画講座

をおこない、おうち時間に活用していただいています。

動画講座:YouTubeチャンネル【レッスンルーム】では動画講座のダイジェスト版を公開しています。
動画講座:YouTubeチャンネル紹介ページはこちら