プレピアノ教具:鍵盤ガイドダウンロードページ

2歳からのプレピアノレッスンに使用できる教具データを作りました♪

その名も「鍵盤ガイド」!

ネーミングセンスがないもので…毎度毎度、ド直球ですみません。

どのような教具?

まず見ていただくのが一番早いかと思います。
(紹介動画、約1分です。)

配布するものは色がついていません。

お教室によって色が違うところもあるでしょうし、色音符を使いたくない先生もいらっしゃると思います。
ドレミをかくのでも良いと思います。

色を入れたい先生に、参考程度に動画講座も作っています。
(後述します。)

レッスンではこのように使用しています。

おはじき音符を色音符に変えて、一緒に使ったり、木製のピンチに色を付けて一緒に使ったりしています。

この鍵盤ガイドの目的

  • 「色」でのマッチング
  • 音の並びの導入
  • 色の違い=音の違い
  • 鍵盤への導入をスムーズに

2歳の子どもは覚えたばかりの「色」へ興味津々です。
色の名前を言うだけで、楽しい時期。

「これも同じ色!これも!」という風に、同じ色がたくさん見つけられる時期です。

なにも不思議がることなく、鍵盤への導入ができます。

そして、色が違うと音が違うということも。

子どもにとって鍵盤はただの黒と白のもの。

色が付くことで、色が違う=音も違うという変化により気が付くことができます。

配布のデータご紹介

  1. 鍵盤ガイド(計3種類)
  2. ミニ鍵盤ガイド(計3種類)
  3. 鍵盤作成セット

全部で3種類あります。

①鍵盤ガイド

こちらの鍵盤は白鍵の幅を実寸とそろえてあります。

計3種類のパターンをご用意しています。

  1. ド~シのもの
  2. ファ~ミのもの
  3. ド~シ、ファ~ミが入っているもの(Sample画像のもの)

必要なものをダウンロードしてください。

木製ピンチに色を付けて…

色のマッチングなどをしています。

②ミニ鍵盤ガイド

こちらも白鍵も幅は実寸です。

小さい方のガイドは黒鍵を切り落としていただくと、鍵盤にはめ込めるようにしています。

中くらいのガイドは鍵盤奥に立てかけて使えます。
(ラミネートしています。)
黒鍵がガイド役になり、小さい子どもでも自分で場所を見つけられます。

こちらも計3種類あります。

  1. 小さい鍵盤ガイド5つのもの
  2. 中くらいの鍵盤ガイド4つのもの
  3. 小さいものと中くらいのものが2つずつのもの(Sample画像のもの)

こちらも必要なものをダウンロードしてください。

以前ご紹介したおはじき音符を色音符に変えて、「一緒」を探します。
そしてそこの鍵盤を押さえて音を出してみます。

こちらの写真は、なんと娘(当時2歳1か月)が勝手においていったものです。
(ピンクは床に転がっていました)

「なにも教えずに勝手にできちゃう分かりやすさ」が、これくらいの子供の「できた!」につながっていきます。

余談ですが、ラミネート後に角を丸くするのに、ずっと100均のものを使っていたのですが…
切れが良くなく、指が痛かった果てに壊れたので本家の「かどまる」を購入。

抜群に楽ちんでした。角丸める作業が一瞬で終わります。

③鍵盤作成セット

こちらは「自分で鍵盤を作ってみよう」のセットです。

簡単にご説明しますと…

  • 1番上のものは白鍵の鍵盤です。
  • 2番目のものは黒鍵の鍵盤です。
  • 3番目のものは白鍵のものより幅は狭いため、色を付けていただいたり、ドレミを書いていただいたりして、切り取って使っていただけます。

【鍵盤作成つくり方】

  1. 実際のピアノの鍵盤を見ながら(もしくは記憶して)白鍵の上に黒鍵を並べていきます。
  2. 黒鍵が2つグループと3つグループがあることを確認します。
  3. 色やドレミを付けたものを白鍵の上に並べていきます。

例えば…

白鍵のものはラミネートしマグネットでホワイトボードなどに張り付け、黒鍵や小さなドレミは裏にマグネットを付けるなどすれば、子供たちも喜んで取り組んでいただける教具になるかと思います!

それぞれダウンロードはこちらから

今回は

  • A4サイズで鍵盤幅をそろえている
  • データへの着色を想定

の理由で、PNGデータのみでの配布となります。

クリック後、決済ページへ移動します。

鍵盤ガイド

ミニ鍵盤ガイド

鍵盤作成セット

すべて(決済後、着色依頼をしていただけます)

決済後ダウンロードが可能です。

有料コンテンツ利用規約
特定商取引法に基づく表記、プライバシーポリシー
をかならずご覧になってからご購入ください。お支払いが完了した時点で、これらに同意したものとみなします。

着色について

すべて色はついていません。
それぞれの教室でのカラーが違うので各々でつけていただくためです。

色鉛筆などでつけるのでも十分ですが、データへの着色方法は動画に撮ってみました。

動画内ではiPadアプリ「MediBang Paint」を使用しています。

着色データをご希望の方へ

上記で「④すべて」のデータをご購入いただいた後に表示されるURLに詳細を載せています。
有償となりますことをご了承ください。

着色でき次第、着色後のデータを送らせていただきます。
※着色には最短1日~1週間程度いただきます。

機械に疎いけれど、きれいな形で教材を残しておきたい方、ご利用ください。

その他手作り教材、素材のダウンロードはこちらから

Sakiピアノ教室ではたくさんの手作り教材を使っています。

こちらのページにまとめていますので、ご覧ください。
(1部有償とさせていただいていますが無料配布しているものも多くあります。)

手作り教材、教具の紹介記事一覧

ご覧いただきありがとうございました。
【ピアノの専門知識を身近なものに】
をコンセプトに
コンテンツ作りをしています。

↓レッスンお問い合わせはこちらから↓

↓動画講座はこちら↓

記事が参考になった!役に立った!という方は
応援いただけると励みになります。

↓100円からドネーションしていただけます。↓

幼児教育、プレピアノについて手作り教材&教具
*follow me!*
八王子市Sakiピアノ教室

コメント

タイトルとURLをコピーしました