動画講座:筋肉の緊張と弛緩

ピアノを弾く時にはいろいろな筋肉を使っています。

今回は大きく分けて、手のひら、腕、腹筋に焦点をあててみました。
ブルグミュラーの「アラベスク」を取り上げ、pの動き、fの動きなどを解説しています。
(今回は大まかな基本的な動きをご紹介しています)

ピアノを弾く時にいかに日常の動きをそのまま使っていけるかがとても大きなカギを握っています。

全編の目次をご紹介

【目次】

1.普通の筋肉の動き
2.小さな音と大きな音
3.ブルグミュラー25の練習曲より2番アラベスクを使って
  ・pの音の筋肉の動き
  ・右手の動き
  ・fの音の筋肉の動き
  ・左手について
4.大きな筋肉の大切さ
5.おわりに

再生時間:17分10秒

全編のご案内はおしらせ専用公式LINEアカウントからのみご案内しています。

友だち追加

※このアカウントからお問い合わせはできません。

詳しくはこちらのページからご確認ください。

さき先生
さき先生

現在、ご登録いただいた方に、第1回目「姿勢について」の動画講座をプレゼントさせていただいています♪

ダイジェスト版はこちらから

YouTubeにてダイジェスト版を公開しています♪

ご覧いただきありがとうございました。
【ピアノの専門知識を身近なものに】
をコンセプトに
コンテンツ作りをしています。

↓レッスンお問い合わせはこちらから↓

↓動画講座はこちら↓

記事が参考になった!役に立った!という方は
応援いただけると励みになります。

↓100円からドネーションしていただけます。↓

動画講座
*follow me!*
八王子市Sakiピアノ教室

コメント

タイトルとURLをコピーしました